採用システムを活用している企業の声

admin

採用システムは、情報化社会における採用に特化したオンラインサービスであり、そこにはプロの視点での採用プロセスの見直しといったコンサルティングも含まれます。入れ替わりが激しいアルバイト等を主力としている企業から、厳選した即戦力のみを少数採用する企業まで幅広く利用されており、各社で具体的な成果が出ているのが現状です。人事部の負担が軽減されたおかげで、これまでおざなりにされていたコア業務へ復帰できたという声が多く、様々な事例によってさらなる新規利用者が増えていく循環になっています。採用システムを活用している企業の声を参考にすれば、自社に導入するための稟議としても通りやすい内容に仕上げられます。導入費用とランニングコストを上回る成果を出せる見込みがあれば、上層部としても許可を出しやすくなるのです。

採用システムによって採用活動が最適化された

会社の採用活動は、経営理念を現場のオペレートに落とし込むための大事な課程であり、正社員の採用については忙しい重役もわざわざ面接官をするほどです。しかし、それほど重要であるにもかかわらず、採用基準と方法は従来通りというケースが目立ち、従来の採用システムの更新が急務となっています。他にも色々な仕事を抱えている人事部としては、根本的な採用方法の見直しをするだけの余裕がなく、仮にできても失敗した時の責任を考えて二の足を踏んでいるのが、未解決の主な理由です。ところが、採用システムを導入すれば、応募者からの申し込みを受け付けて、それに返答するといった定型業務をシステム上で済ませられるので、一気に工数を減らせます。すでに採用システムを活用している企業の声としては、いちいち応募者とやり取りをしなくて済むようになったことでのメリットが第一に語られています。

応募者と向き合う本来の姿勢を強化できた

採用システムは、採用プロセスの最適化のみならず、自社に役立つ人材を雇うという本来の目的においても活躍しています。大手の人材紹介会社や求人斡旋の業者と提携している採用システムでは、雇いたい人材の条件を満たしている会員をリストアップしてくれるので、これからの会社を任せられるだけの選りすぐりの人材に直接向き合えるのです。ピンポイントで採用できるから、それだけ相手の背景や希望をじっくり調べた上で、相手の目線でスカウトに応じたくなる待遇を用意できます。また、定期的に採用するアルバイトなどの非正規労働者に対しては、採用システムによる労力の低減がダイレクトに効果を発揮します。同じことを繰り返しているだけで仕事をしている気になっていては、自分のためにも会社のためにもなりません。会社と人事部に役立つ採用システムを活用している声は、導入してからの将来の自社の姿でもあるのです。