採用システムで人材採用の煩雑業務効率化を図りませんか

admin

インターネットの登場によって、広く人材募集を行うのが一般的となり、その影響で人材採用に求められるハードルがより高くなりました。即座に返答をするのが、できる会社と見られるための1つの条件となる一方で、情報システムによるスピードアップによってマルチタスクが当たり前となってしまい、人材採用の窓口である人事部の負担が増加しがちです。社内向けのサポート部署が完備されている大企業なら、まだ人材採用の担当者を設置しつつ、それらの関連部署と協力していく形が取れますが、大部分の中小企業では他のことをやりながらの対応となり、全体的にレスポンスが遅くなってしまいます。人材採用においては、応募の受付から各面接の手配まで並行して進めなければならず、採用システムによって人事部の社員がやるべきことだけに集中するのがポイントです。

採用システムがあれば煩雑業務の大部分を自動化できる

限られた人員と時間で、人材採用を円滑に行っていくためには、誰でもできる部分は自動化するのが鉄則です。採用システムには、会社の機密情報である応募者のデータをきちんと管理しつつも、応募者と企業が直接つながる効果があります。煩雑業務の大部分は、新たなエントリーの受付や、現在の採用状況の告知といった事務的なものであり、わざわざ人事部の社員が時間を割くほどの内容ではありません。しかし、人材採用に関わる個人情報は慎重に取り扱わなければならず、信頼がおける人間にしか触らせられないのです。その点、採用システムは厳重なセキュリティで守られているので間違いがなく、それでいて基本設定をしておけば、自動的にその応募者に連絡するべき内容を伝達してくれます。原則的に応募者も採用システムを通して返答をするから、採用システムにアクセスするだけで人材採用の進捗が全て分かって便利です。

応募者の満足度を高めつつも会社の負担を軽減

採用システムによる人材採用の煩雑業務の効率化は、応募者の満足度を高める効果もあります。応募者側の画面では、会社説明などの様々な情報を掲載できるので、その企業で働く具体的なイメージを持ちやすいのです。さらに、企業からの返答が早いことから、他の予定との調整がしやすく、あまりストレスが溜まりません。ご縁がなかった応募者は、今後の顧客や取引先となる可能性を秘めているので、仮に今後のご活躍をお祈りする結果だとしても、できるだけ良い印象にしておくのがマナーです。多機能の採用システムを駆使して、会社として誠意ある対応をすれば、これから一緒に仕事をするにせよ、違う形で関わっていくにせよ、良い関係でいられます。また、採用システムには人材採用のデータが蓄積していくので、そのデータを分析することでよりムダのない人材採用についてのヒントを得られる点も見逃せません。