将来有望な人材を得る採用システム

admin

仕事を求め、就職活動や転職活動をしている人が多くいらっしゃいます。特に、大学生は新卒として初めて社会に出るための会社選びは重要です。しかし、残念な事に就職率は一昔前より下がっています。大学を卒業したにも関わらず、内定をもらえない学生も驚くほど多いのです。一方で、採用する側の企業にも悩みはあります。それは、社員の早期退職です。会社の将来を担う一員としてせっかく時間をかけて採用したにも関わらず、3年以内に辞めてしまう人が多く、なかなか長期的な目で人材を育てる事ができないという問題を抱える企業も多いのです。原因として、会社とのミスマッチがほとんどです。そこで、画期的な採用システムとして、人材紹介があります。このシステムについて、詳しく説明します。

社員の早期退職の主な原因について

大量に社員を採用したにも関わらず、3年以内の早期退職に悩む企業が多々ありますが、主な原因は、会社とのミスマッチです。やりたい事ができない、自分が得意としている能力が会社で活かせない、仕事に必要な資格を取ろうと勉強したがついていけなくなり限界を感じたなど、あげられます。そのようなミスマッチを防ぐために、企業は就職説明会を開催したり、エントリーシートの提出をさせたり、何度も面接をして話をする機会を作っているのです。就活生もまた、何度も自己分析を続け、自分というものを見つめ合った上で企業を選んでいるのです。しかし、最近は内定率が下がっているため、卒業間近になっても内定がない学生は、とりあえずどこかに就職しようと思い、あまり会社について調べずエントリーしてしまう傾向があります。

ミスマッチを防ぐ採用システムとは

そのような学生の悩みと、企業の悩みを解消するのが、人材紹介というシステムです。これは、システムに登録した学生を、コーディネーターと呼ばれる人材の営業をするスタッフが企業に紹介をするシステムです。これにより、学生はプロのコーディネーターと共に自己分析をし、どのような仕事が合うかアドバイスをもらえます。また、企業との面接を行った後、企業はコーディネーターに面接の様子を伝えます。そして、本当に面接を受けた人が企業でやっていけるのか話し合った上で内定を出すのです。就活生にとっても初めて就職するにあたりプロの意見を聞くことができますし、また、企業側も就活生の声だけではなく、コーディネーターの意見も聞くことができるので、企業とのミスマッチを最小限に防げる採用システムといえるでしょう。